スキンケア外来
がん治療において、抗がん剤による治療(化学療法)や分子標的治療薬では皮膚への影響を及ぼす薬剤もあります。皮膚への副作用は目につくものであり、仕事などの社会的な面や家事などの日常生活などに影響を与えるものです。適切なマネジメントをおこなうことにより、抗がん剤治療を継続することが可能となります。

手足症候群
手のひらや足の裏に紅斑、腫れ、乾燥、亀裂、疼痛、ほてり、知覚過敏などが現れることがあります。初期の症状としては手足のチクチク感やピリピリ感が出ることもあります。
EGFR阻害薬による皮膚障害
にきびのような皮疹、脂漏性皮膚炎、乾皮症などが顔や胸、背中、腕などに現れることがあります。かゆみや痛みを伴うこともあります。

当センターのスキンケア外来では、化学療法の開始当初からチーム医療として皮膚科専門医も参加し、皮膚症状に合わせた治療を行うとともに、患者様のご希望を第一に考え、がん化学療法の治療計画の変更などにも積極的に介入してまいります。